Raindrops 1.448がライブになりました

 

Raindrops 1.448 更新概要

今回の変更は、Raindrops1.447での不具合の修正です。

Raindropsテーマは、公開から5年が経過します。1.447では、公開当初からインストール時のレイアウトは、dark配色の3カラムレイアウトで提供してきましたが、この間テーマを取り巻く環境は大きく変化しました。

公開当時、ウィジェットエリアには、そこにウィジェットが配置できることを示すために、あらかじめダミーのウィジェットを配置するというのは、ごく当たり前の実装でしたが、カスタマイザーが登場し、4.7では、大幅にユーザーインターフェースも改良され、むしろ、ウィジェットを設定していないのに、「なぜかそこにウィジェットが表示されてしまう」と誤解されかねない状況になってきています。

配色についても、デフォルトテーマでは、テーマの機能でいくつかの配色を選択することが出来るようになり、昔は、色をキーワードとしてテーマを検索していたこともありましたが、テーマが複数の配色を持つ事が一般化し 今年ワードプレスの公式ディレクトリにあるテーマの検索フィルターから、配色による選択のためのタグが廃止されたりしています。

他にも、様々な変化は皆様のご承知の通りなわけですが、この先レインドロップスの成長を維持しメンテナンスを続けていくうえでデフォルトの表示を変更する必要性を感じ、1.447では、既存ユーザーに影響を与えない範囲で、新規インストールユーザー向けの、新デフォルト表示に取り組みました。

アップデートしてほどなく、既存ユーザーからの抗議を受けました。「アップデートしたら、配色が変更されてサイドバーがなくなった」等々

なぜ、既存ユーザーの配色が変更されてしまうのか理由がわからず 再現テストを行って、行き着いた答えは 「変更の考え方を間違えていた」という事でした。

変更の考え方を間違えていたとは

WordPressテーマは、カスタマイザーなどで設定する元になるデフォルトの設定を配列などで持っています。このデフォルトの設定は、カスタマイザーの設定値が存在する(カスタマイザーで操作を行った)場合は、その値を使用し、未操作の場合は、デフォルト設定値が使われるようになっています。

既存ユーザーは、設定値をいろいろと操作しているだろうから、デフォルトの値を変更しても 既存ユーザーには大きな影響は及ばないだろうと考えたわけですが、これが大きな誤りだったことに、検証の過程で気が付きました。

つまり、ユーザーは気に入らない項目しか設定値を変更しないという事に、「やっと気づいたわけです。」

コードの変更を行い、それに費やした 何倍ものテストを行い、それぞれの設定値を変更し 細かくテストするほど この簡単な間違いに気づかない方向にどんどん進んで、「この前もやったばっかだよな、、、」とか「そういう変更は、しちゃダメなんじゃないの」とおしかりを受ける羽目になった。

( でも、そういう指摘をしてくれる人にすごく感謝しているんですけどね。)

白旗多めに振って、一端退却の運びとなりました。

年の瀬の更新で、何が間違っていたの? コード? いいえ スタイル? いいえ、「間違っているのは、あなたの考え」という落ちではありますが、

めげないで、「良いやり方」を考えています。

今度実装しようとしているのは、テーマをインストールしてから 一度も投稿していないユーザーに対しては、新しいデフォルト設定を適用して、テーマをインストールしてから、一度以上投稿を行っている場合は、従来のデフォルト設定を適用するというやり方

テストを、何回もやりながら、もうフラストレーションで、一息 気分を入れ替えようとこの記事を書いています。

まだ、あきらめない。

皆様、良いお年を、

version: 1.448 Overview of Changes

version:1.448 Overview of Changes

Restore the changes to minimize the impact on existing users.

“raindrops_page_width" to ‘doc3’, “raindrops_featured_image_recent_post_count" to 3, “raindrops_featured_image_singular" to “show", “raindrops_place_of_site_title" to “above" “raindrops_style_type" to ‘dark’

If you do not set the widget, please set the sidebar widget.

Modified Attachment PDF in multibyte lang, Not URL encoded.

Fixed Child Theme body class rd-col-(1-3) works improperly.

Fixed Add On The event calendar error


コメントは受け付けていません