Raindrops 1.263 Support Google Fonts

Raindrops1.263 予告

Raindrops1.263から、Google Fonts をサポートします。

サポートするフォントは、Open Sans や Lato等、フォント名にスペースが一つまでのフォントになりますが、ほとんどのフォントが利用できるようになります。

フォントの適用方法ですが、例えば、Noto Sansでしたら、

google-font-open-sans というクラスを書くと、Open Sansフォントで表示されるようになります。

google-font-open-sans700i といった フォントウェイトを指定した記述(iは、italicの意味です)することが出来ます。

つまり、google-font- というプレフィックスをつけて フォント名を小文字にして スペースを - に書き換えるだけです。

後は、Raindropsが自動的に、フォントをロードして適用します。

適用できない フォントがないわけではありません。

例えば、The Girl Next Door のようなスペースが 2個以上あるフォントは対応しておりません。  Noto Sans Japaneseのような、スペースが2つまでのフォントに対応しました。また、Noto Sans Japaneseのようなアーリーアクセスフォントにも対応しました。

フォントを、効果的に使う事で、コンテンツを明快に表現できるようになりますが、あまりたくさんのフォントを使う事は推奨できません。

たくさん使う事で、サイトのパフォーマンスが低下する事もありますので、ご自身でパフォーマンスをチェックしながらご利用ください。

Noto Sans 日本語フォント現状未対応です。 Noto Sans Japanese 対応済みです。

http://www.google.com/fonts/earlyaccess

Noto Sans Japanese (Japanese)

When text is rendered by a computer, sometimes there will be characters in the text that can not be displayed, because no font that supports them is available to the computer. When this occurs, small boxes are shown to represent the characters. We call those small boxes “tofu,” and we want to remove tofu from the Web. This is how the Noto font families got their name.

Noto helps to make the web more beautiful across platforms for all languages. Currently, Noto covers over 30 scripts, and will cover all of Unicode in the future. This is the Sans Japanese family. It has Regular and Bold styles and is hinted.

Noto fonts are intended to be visually harmonious across multiple languages, with compatible heights and stroke thicknesses. For the currently released Noto fonts see code.google.com/p/noto/

Note: Noto Sans Japanese has been subsetted to 6,934 characters and contains most of the characters defined by JIS X 0208. This includes 6,355 Kanji as well as 579 non Kanji characters.

Link

@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);
Example

font-family: ‘Noto Sans Japanese’, serif;


コメントは受け付けていません