Emulsion Theme

block editor ( gutenberg ) 対応した新しいコンセプトのテーマ

FSE テーマの実験環境をサポートしました

FSE テーマの実験環境をサポートしました

Gutenberg プロジェクトのフェーズ2が始まっています。

次の、Twentytwentyoneテーマは、従来型のテーマで開発されているようなので、すぐに変更になるわけではありませんが、FSEテーマは、WordPressのテーマを大きく変化させる可能性があります。

emulsion-addons 1.4.9 プラグインの設定を変更しました。

admin-menu に FSE-ON FSE-OFF に加えて、FSE-Transitional を追加しました。

FSE-ONは、Gutenberg FSEの機能だけを表示し、FSE-Transitionalは、FSEテンプレートをテーマのメインエリアに埋め込んで表示します。

FSE-ONでは、サイドバーが非表示となります。FSE-Transitionalでは、サイドバーウィジェットがセットされている場合は、表示されます。

管理画面のウィジェットの設定は、Gutenbergがアクティブな場合、FSEに置き換えられていますが、これは既存テーマのサイドバーに表示されるので、サイドバーウィジェットの設定を確認する場合は、FSE-Transitionalで確認できます。

emulsion 1.6.4で、block-template-parts, block-template ホルダーを追加しました。

これらのホルダーの中には、実験用のFSEテンプレートが含まれています。

FSEテーマの実験をする場合、block-template/experimental-index.html をindex.htmlに変更すると、FSEの実験ができるようになります。

FSEの実験には、Gutenberg プラグイン、emulsion-addons プラグインが必要となりますので、あらかじめアクティベートしてください。

準備ができると、アドミンバーに、以下のようなメニューが表示されます。

adminbar menu

FSE-OFF

このリンクをクリックすると、FSEテーマではなく通常のemulsionテーマとして表示されるようになります。

同時に、カスタマイザーのメニューなども表示されます。

FSE-ON

FSEテンプレートが、テーマにある場合は、FSEテンプレートがない場合には、テーマのテンプレートで表示します。

どちらのテンプレートを使用しているかは、’being displayed in FSE Template’ , ‘being display in Theme Template’の表示を確認してください。

カスタマイザーなどのメニューは、非表示となり、代わりにサイトエディターメニューが表示されます。

FSEテーマの最大の特徴は、従来テーマのPHPテンプレートシステムを新しい、HTMLテンプレートに置き換える点にあります。

この機能を追加した目的

FSE-ON,FSE-OFFを切り替えることで、カスタマイザー、ウィジェット、サイトエディター等のメニューも切り替わります。

また現在のテンプレートシステムを利用したプラグインで表示がどのように変化するか、確認することができます。(例えば、bbpressプラグイン等は、現時点では、コンテンツを表示できなくなります。)

しかし一方で、サイトエディターが有効になると、投稿アーカイブを表示しているホームページに、エディタから簡単にコンテンツを表示できたり、複数のクエリーブロックのページングができるなど、WordPressは、より簡単にカスタマイズができるようになることを、実際に試すことができます。

これから何が起きようとしているのか、今何が起きているのかを具体的に知ることができることは、これから自分のサイトにどちらのテーマシステムを適用するべきかの、重要なヒントになると思いました。

FSEテーマは、実験機能ですが、未来を想像できるということは、WordPressでWEBサイトを運営する人たちにとって、意味があると思います。