WordPress Theme Emulsion

block editor ( gutenberg ) 対応した新しいコンセプトのテーマ

投稿者: tenman

Raindropsの制作者です WordPressのフォーラムなどでは、nobita という名前でお世話になっています

Block group

投稿日: by tenman

グループブロックでは、レイアウトを変更するためのカスタムクラスを使用することができます。
grid class grid class を使用すると、グループに含まれたブロックをグリッド表示することができます。
グループブロックにgrid クラスを追加した拡張レイアウト
タイトルと段落など複数ブロックをグリッドに含める場合は、それらをすべて選択して、子ブロックや、カラムブロックを作成します
子ブロックにブロック幅クラスを追加すると、2-5カラムのグリッドを作成…

GUTENBERG PLUGIN VER8.4 主な変更

投稿日: by tenman

特徴的な変更
画像編集機能を有効に (23349 )
画像編集機能が、実験機能から、プラグインのデフォルト機能に変更になりました。
ブロックディレクトリ機能を有効に. (23389 )
ブロック検索に、検索条件に一致するブロックがない時に、該当するブロックプラグインを表示、インストールする機能が、実験項目からグーテンベルグのデフォルトで有効になりました。
検索の対象となるプラグインは、Plugins categorized as block | W…

gutenberg plugin ver8.3

投稿日: by tenman

emulsionテーマでは、ver8.3の変更を emulsion 1.4.2でサポート予定です。 😉
特徴的な変更
カバーブロックに、パディングコントロールが付きました。(21492 , 23014 )
一般的なテーマで、この機能を有効にするためには、theme/functions.phpに、以下を記述する必要があります。
hello world
ブロックのリストが、カテゴリー別に表示されるように変更になりました。 (19279 )

プラグインについて

投稿日: by tenman

動作確認済みプラグインの簡単な説明
AMP
AMP プラグインを有効にすると、AMPに対応したページが自動的に生成されるようになります。
生成されたAMPページは、個別投稿で、管理バーにリンクが表示されますので、そこから確認できます。
AMPプラグインが有効な場合、テーマは、AMPページに、テーマのスタイルを適用するようになります。
一部、例えば カバー画像などの全幅は適用されるけど、広幅は適用されないなど、通常のページとは、異なる表示になりますが…

テーマの svg

投稿日: by tenman

テーマに付属しているSVGアイコンは、ブロックエディタの高度な設定/追加CSSクラスに、クラス名を追加することで、段落ブロックや見出しブロックの行頭、 リストブロック(番号なしリスト) のアイコンとして使用することができます。クラス名を、段落ブロックなどに、ペーストするだけで反映します。
さらに、hanging-indent クラスを追加すると、より見やすくアイコンを配置することができます。是非、一度お試しください
リスト要素での使用例
hello world he…

ブロックカラム カスタムクラス

投稿日: by tenman

追加CSSクラスを追加することで、カスタムクラスにメリハリを与えることができます。
ブロックカラムを使用した場合、デフォルトでサイドバーのフォントと同じ小さめのフォントが使用されます。
ブロックカラムをページレイアウト目的で使用する場合は、メインコンテンツを通常の投稿のフォントサイズで表示した方が、メリハリのついた見やすいページになるかもしれません。
通常の表示は以下のようなものです。
Lorem ipsum dolor sit amet, consect…