Emulsion Theme

block editor ( gutenberg ) 対応した新しいコンセプトのテーマ

Category: preview

Emulsion Theme

block editor ( gutenberg ) 対応した新しいコンセプトのテーマ

Category: preview

  • WELCOME TO THE GUTENBERG EDITOR

    The goal of this new editor is to make adding rich content to WordPress simple and enjoyable. This whole post is composed of pieces of content—somewhat similar to LEGO bricks—that you can move around and interact with. Move your cursor around and you’ll notice the different blocks light up with outlines and arrows. Press the arrows to reposition blocks quickly, without fearing about losing things in the process of copying and pasting. […]

  • Gutenberg エディターにようこそ

    この新しいエディターのゴールは、WordPress へのリッチコンテンツの追加をシンプルで楽しくすることです。この投稿全体がコンテンツのパーツ—LEGO ブロックのようなもの—により構成されており、動かしたり操作できるようになっています。カーソルを動かすと、様々なブロックが枠線と矢印とともにフォーカスされます。矢印を押すとブロックをすばやく並び替えることができ、コピー & ペーストしているうちに内容が消えてしまう恐れがありません。 現在ご覧いただいているのがテキストブロックで、すべてのブロックのうち一番基本のブロックです。テキストブロックは、投稿内を自由に移動できる独自のコントロールがついています。 …例えば、右揃えのこれのようなものです。 見出しは別ブロックとなっており、コンテンツのアウトラインと構成に役立ちます。 百聞は一画像にしかず 画像とメディア取り扱いへの高い気遣いは、新しいエディターのメインフォーカスです。キャプションを追加したり、全幅にするのがより簡単で協力になっているのにお気づきいただけるでしょう。 キャプションを選択、削除、編集してみてください。画像や他のテキストを間違って選択して、表示を台無しにしないよう気を使わずに済むようになりました。 「挿入」ツール WordPress ができるすべてのことが、すばやく、同じ場所・インターフェイスで可能であると想像してみてください。HTML タグやクラスを理解したり、複雑なショートコード構文を覚える必要はありません。これこそが「挿入」ツール—エディター中にある (+) ボタン—の真髄で、すべての利用可能なコンテンツブロックを閲覧し、投稿に追加することができます。プラグインとテーマは独自のブロックを登録することができ、リッチな編集や公開の可能性を広げます。 お試しいただくと、WordPress が投稿に追加可能でありながら、ご存知ではなかったものを見つけていただけるでしょう、以下はこの投稿が使用しているブロックの簡単なリストです。 テキストと見出し 画像と動画 ギャラリー YouTube、ツイート、他の WordPress 投稿などの埋め込み。 ボタンやヒーロー画像、区切りなどのレイアウトブロック。 もちろん、このようなリストも ^^ ビジュアル編集 ブロックの大きな利点は、それぞれの場所で編集し、コンテンツを直接操作できることです。引用ソースやボタン内テキストなどを編集するためのフィールドを持つのではなく、コンテンツを直接変更できます。以下の引用を編集してみてください: このエディターは、リッチな投稿や固定ページの作成を簡単にする、新しい執筆体験を生み出そうとしています。また「ブロック」によって、現在はショートコード、カスタム HTML、外部埋め込みコード自動ディスカバリー機能が実現していることをより簡単にします。 マット・マレンウェッグ、2017 引用の​​ソースに対応する情報は、画像下のキャプションに似た別のテキストフィールドです。このため、ソースを選択、変更、または削除しても、引用自体の​​構造は保護されます。いつでも簡単に戻すことができます。 ブロックは、必要なもの何でもかまいません。たとえば、テキスト構成の一部として目立たない引用符を追加してもよいでしょう。または、巨大で装飾的なものを表示させることもできます。これらのオプションはすべて挿入ツール内で利用できます。 サイドバーのブロックインスペクターでスライダーをドラッグすると、ギャラリーのカラム数を変更できます。 メディア重視 新しい幅広と全幅配置をギャラリーと組み合わせると、非常にメディアリッチなレイアウトをすばやく作成できます。 全幅画像はかなり大きくなる場合もありますが、画像によってはそうする価値があることもあります。 上は2つの画像のみのギャラリーです。フロート調整を行うことなく、魅力的な見た目のレイアウトを簡単に作成することができます。またブロックを切り替えて、ギャラリーを個別の画像へ簡単に戻すこともできます。 あらゆるブロックでこれらの配置を選択できます。埋め込みブロックでも利用でき、ボックス外でもレスポンシブ対応しています: 静的または動的、装飾的またはプレーンなものなど、お好みのブロックを構築できます。こちらがプルクオートブロックです。 Code is Poetry WordPress コミュニティ 追加ブロックを作成する方法を学んだり、プロジェクトに協力したりすることに興味がある場合は、GitHubリポジトリへ移動してください。 Gutenberg をテストしていただき、ありがとうございます ! 👋

  • badge classes

    badge class badge クラスは、要素ブロックの対角線の長さから算出した四角形で要素をラップします。 badge クラスは、javascript を使用していましたが、varsion 1.5.3で、CSSに置き換えられました。画像を使用する場合は、正方形の画像を使用してください。 badgeクラスとその連携クラスを使用する場合は、グループブロック内で使用してください。 alignleft alignrightクラスと併用する場合は、グループブロックを使わなくてもOKです。 paragraph badge class hello world badge mark-alert Combination class mark-alert等テーマのカラークラス またはエディタのカラー設定で色指定ができます。 hello world badge circle mark-notice Combination class badgeクラスに、circleクラスを追加すると、まるで要素をラップします。 hello world badge circle mark-info Combination class hello world badge counter circle Combination class counter for number 300 badge クラスと要素にエディタのカスタムカラー設定を追加した例 hello world paragraph badge contort + editor color setting contort クラスは、円をゆがめて、それぞれを少し重ねて表示します。 hello world こんにちは hello world paragraph badge exclusion wp-block-image にbadgeクラスを追加した場合には、画像要素に変形が適用されます。 wp-block-image badge […]

  • indent classes

    hanging-indent ぶら下げインデントクラス 行頭に記号などをつけて、左にずらすクラスです。 ❌ 注意書きなどで、ネガティブインデントを使って、リスト風の表示を行います。 注意書きなどで、ネガティブインデントを使って、リスト風の表示を行います。 indent-xx クラスの使用例 日時 20xxå¹´1月1日 午前9時 場所 ●×会館 indent-5rem 行を5文字分ずらします。 通常のブロックLorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, […]

  • List Icon Advanced Classes

    テーマのリストブロックの表示 リストブロックで、リストを作成すると以下のように表示します 番号付きリスト hello world hello world hello world hello world hello world 番号なしリスト hello world hello world hello world hello world hello world カスタマイズ クラス ブロックメニューの高度な設定/追加CSSクラスにクラス名を追加することで、リストアイコンのカスタマイズができます。 list-style-none リストアイコンを非表示にします。 hide list icon hello world hello world hello world list-style-initial テーマのスタイルを使用しないで通常のリスト表示をします。 reset list icon hello world hello world hello world circle 番号付きリストで、iconを丸に変更します。 hello world hello world hello world icon-alert iconの色は五種類準備しています。 OL hello world hello world hello world UL hello world hello world hello world […]

  • list and position

    リストブロックは、投稿を作成する場合に最もベーシックなブロックの一つです。テーマでは、リストアイコンの非表示やアイコンの色、表示位置、通常のリストの他にも、フォントサイズを調整した補足的なリスト表示を、クラスをセットすることで実現できます。 通常のリスト Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum 補足的なリスト […]

  • image and position

    複素数体であれば、任意のCM-タイプの A は、実際、数体である定義体(英語版)(field of definition)を持っている。自己準同型環の可能なタイプは、対合(ロサチの対合(英語版)(Rosati involution)をもつ環として既に分類されていて、CM-タイプのアーベル多様体の分類を導き出す。 楕円曲線と同じような方法でCM-タイプの多様体を構成するには、Cd の中の格子 Λ から始め、アーベル多様体のリーマンの関係式(英語版)(Riemann relations)を考えに入れる必要がある。 CM-タイプ(CM-type)は、単位元での A の正則接空間上にある EndQ(A) の(最大)可換部分環 L の作用を記述したものである。 単純な種類のスペクトル理論が適応され、L が固有ベクトルの基底を通して作用することを示すことができる。言い換えると、L は A の正則ベクトル場の上の対角行列を通した作用を持っている。L 自体がある複数の体の積というよりも数体であるという単純な場合には、CM-タイプは L の複素埋め込み(英語版)(complex embedding)のリストである。 複素数体であれば、任意のCM-タイプの A は、実際、数体である定義体(英語版)(field of definition)を持っている。自己準同型環の可能なタイプは、対合(ロサチの対合(英語版)(Rosati involution)をもつ環として既に分類されていて、CM-タイプのアーベル多様体の分類を導き出す。楕円曲線と同じような方法でCM-タイプの多様体を構成するには、Cd の中の格子 Λ から始め、アーベル多様体のリーマンの関係式(英語版)(Riemann relations)を考えに入れる必要がある。 CM-タイプ(CM-type)は、単位元での A の正則接空間上にある EndQ(A) の(最大)可換部分環 L の作用を記述したものである。単純な種類のスペクトル理論が適応され、L が固有ベクトルの基底を通して作用することを示すことができる。言い換えると、L は A の正則ベクトル場の上の対角行列を通した作用を持っている。L 自体がある複数の体の積というよりも数体であるという単純な場合には、CM-タイプは L の複素埋め込み(英語版)(complex embedding)のリストである。複素共役をなすペアとして、2d 個の複素埋め込みがあり、CM-タイプは各々のペアのから一つを選択する。そのようなCM-タイプの全てが実現されることが知られている。 複素共役をなすペアとして、2d 個の複素埋め込みがあり、CM-タイプは各々のペアのから一つを選択する。そのようなCM-タイプの全てが実現されることが知られている。 複素数体であれば、任意のCM-タイプの A は、実際、数体である定義体(英語版)(field of definition)を持っている。自己準同型環の可能なタイプは、対合(ロサチの対合(英語版)(Rosati involution)をもつ環として既に分類されていて、CM-タイプのアーベル多様体の分類を導き出す。楕円曲線と同じような方法でCM-タイプの多様体を構成するには、Cd の中の格子 Λ から始め、アーベル多様体のリーマンの関係式(英語版)(Riemann relations)を考えに入れる必要がある。 CM-タイプ(CM-type)は、単位元での A の正則接空間上にある EndQ(A) の(最大)可換部分環 L の作用を記述したものである。単純な種類のスペクトル理論が適応され、L […]

  • block columns

    この新しいエディターのゴールは、WordPress へのリッチコンテンツの追加をシンプルで楽しくすることです。この投稿全体がコンテンツのパーツ—LEGO ブロックのようなもの—により構成されており、動かしたり操作できるようになっています。カーソルを動かすと、様々なブロックが枠線と矢印とともにフォーカスされます。矢印を押すとブロックをすばやく並び替えることができ、コピー & ペーストしているうちに内容が消えてしまう恐れがありません。 現在ご覧いただいているのがテキストブロックで、すべてのブロックのうち一番基本のブロックです。テキストブロックは、投稿内を自由に移動できる独自のコントロールがついています。 …例えば、右揃えのこれのようなものです。 見出しは別ブロックとなっており、コンテンツのアウトラインと構成に役立ちます。 百聞は一画像にしかず 画像とメディア取り扱いへの高い気遣いは、新しいエディターのメインフォーカスです。キャプションを追加したり、全幅にするのがより簡単で協力になっているのにお気づきいただけるでしょう。 キャプションを選択、削除、編集してみてください。画像や他のテキストを間違って選択して、表示を台無しにしないよう気を使わずに済むようになりました。 「挿入」ツール WordPress ができるすべてのことが、すばやく、同じ場所・インターフェイスで可能であると想像してみてください。HTML タグやクラスを理解したり、複雑なショートコード構文を覚える必要はありません。これこそが「挿入」ツール—エディター中にある (+) ボタン—の真髄で、すべての利用可能なコンテンツブロックを閲覧し、投稿に追加することができます。プラグインとテーマは独自のブロックを登録することができ、リッチな編集や公開の可能性を広げます。 お試しいただくと、WordPress が投稿に追加可能でありながら、ご存知ではなかったものを見つけていただけるでしょう、以下はこの投稿が使用しているブロックの簡単なリストです。 テキストと見出し 画像と動画 ギャラリー YouTube、ツイート、他の WordPress 投稿などの埋め込み。 ボタンやヒーロー画像、区切りなどのレイアウトブロック。 もちろん、このようなリストも ^^ test test test test ビジュアル編集 ブロックの大きな利点は、それぞれの場所で編集し、コンテンツを直接操作できることです。引用ソースやボタン内テキストなどを編集するためのフィールドを持つのではなく、コンテンツを直接変更できます。以下の引用を編集してみてください: このエディターは、リッチな投稿や固定ページの作成を簡単にする、新しい執筆体験を生み出そうとしています。また「ブロック」によって、現在はショートコード、カスタム HTML、外部埋め込みコード自動ディスカバリー機能が実現していることをより簡単にします。 マット・マレンウェッグ、2017 引用の​​ソースに対応する情報は、画像下のキャプションに似た別のテキストフィールドです。このため、ソースを選択、変更、または削除しても、引用自体の​​構造は保護されます。いつでも簡単に戻すことができます。 ブロックは、必要なもの何でもかまいません。たとえば、テキスト構成の一部として目立たない引用符を追加してもよいでしょう。または、巨大で装飾的なものを表示させることもできます。これらのオプションはすべて挿入ツール内で利用できます。 サイドバーのブロックインスペクターでスライダーをドラッグすると、ギャラリーのカラム数を変更できます。 メディア重視 新しい幅広と全幅配置をギャラリーと組み合わせると、非常にメディアリッチなレイアウトをすばやく作成できます。 全幅画像はかなり大きくなる場合もありますが、画像によってはそうする価値があることもあります。 上は2つの画像のみのギャラリーです。フロート調整を行うことなく、魅力的な見た目のレイアウトを簡単に作成することができます。またブロックを切り替えて、ギャラリーを個別の画像へ簡単に戻すこともできます。 あらゆるブロックでこれらの配置を選択できます。埋め込みブロックでも利用でき、ボックス外でもレスポンシブ対応しています: 静的または動的、装飾的またはプレーンなものなど、お好みのブロックを構築できます。こちらがプルクオートブロックです。 Code is Poetry WordPress コミュニティ 追加ブロックを作成する方法を学んだり、プロジェクトに協力したりすることに興味がある場合は、GitHubリポジトリへ移動してください。 Gutenberg をテストしていただき、ありがとうございます ! 👋

Copyright © 2022 Site proudly powered by WordPress