Raindrops 1.524 WEBサイトのレスポンスの改善機能の追加について、

Raindrops1.524でカスタマイザーのアドオンの項目に、Improve website response という項目を追加します。

この機能は、デフォルトでは動作しないように設定されていますので、カスタマイザーのアドオンの項目で、有効に変更してください。
この機能は、ログアウト状態でしか動作しませんので、ブラウザのシークレットウィンドウなどで、動作確認を行ってください。リンクURLにクエリー文字がある場合も動作しません。(urlに?に続く文字がる場合です。パーマリンクの設定がデフォルトの場合など)

この機能は、InstantClick を使うことで、リンクをクリックした場合の、個別投稿ページの表示を従来よりも高速で行うものです。

あなたのWEBサイトが、独自カスタマイズを行っている場合には、うまく動かない可能性があります。

この機能を有効にすると、テーマは、リンクをクリックしたときのページ遷移を停止します。(非同期で、タイトルと body要素を読み込みます)

単にテーマをインストールして使っている場合は、問題が発生する可能性は少ないですが、プラグインなどのによって表示がうまくいかないことがあります。

この機能を有効にした時に問題が発生する例

グーグルのトラッキングコードは、たぶん動作しなくなります。
この部分は、トラッキングコードのスクリプトによって動作するかもしれません。もう少し様子を見させてください。

gogle tracking codeが古い場合は、うまく動作しないかもしれません。動作確認が必要です。

動作確認に使用した、トラッキングコードは以下です。以下のコードではトラッキングは行われていました。

ワードプレスと関係のないHTMLが同一ドメイン上にあり、ワードプレスからリンクしている場合

この場合は、たぶんうまく表示できません。

対策としては、

リンクに data-no-instant という属性をつけていただくと、通常のリンクとして動作します。

個別テンプレートなどで、スクリプトの影響を受けて、うまく動かない場合

フィルターを使用することにより、特定の固定ページでは、スクリプトの挿入を停止することができます。

functions.php


コメントは受け付けていません