改行確認

本所(ほんじょ)のお竹蔵(たけぐら)から東四つ目通、今の被服廠(ひふくしょう)跡の納骨堂のあるあたりに大きな池があって、それが本所の七不思議の一つの「おいてけ堀」であった。其の池には鮒(ふな)や鯰(なまず)がたくさんいたので、釣りに往(ゆ)く者があるが、一日釣ってさて帰ろうとすると、何処(どこ)からか、おいてけ、おいてけと云う声がするので、気の弱い者は、釣っている魚を魚籃(びく)から出して逃げて来るが、気の強い者は、風か何かのぐあいでそんな音がするだろう位に思って、平気で帰ろうとすると、三つ目小僧が出たり一つ目小僧が出たり、時とすると轆轤首(ろくろくび)、時とすると一本足の唐傘(からかさ)のお化(ばけ)が出て路を塞(ふさ)ぐので、気の強い者も、それには顫(ふる)えあがって、魚は元より魚籃も釣竿もほうり出して逃げて来ると云われていた。

 

 

 

この手前余分な改行有

金太(きんた)と云う釣好(つりずき)の壮佼(わかいしゅ)があった。金太はおいてけ堀に鮒が多いと聞いたので釣りに往(い)った。両国橋(りょうごくばし)を渡ったところで、知りあいの老人に逢(あ)った。

「おや、金公か、釣に往くのか、何処だ」

「お竹蔵の池さ、今年は鮒が多いと云うじゃねえか」

「彼処(あすこ)は、鮒でも、鯰でも、たんといるだろうが、いけねえぜ、彼処には、怪物(えてもの)がいるぜ」

金太もおいてけ堀の怪(あやし)い話は聞いていた。

「いたら、ついでに、それも釣ってくるさ。今時、唐傘のお化でも釣りゃ、良い金になるぜ」

「金になるよりゃ、頭からしゃぶられたら、どうするのだ。往くなら、他へ往きなよ、あんな縁儀(えんぎ)でもねえ処(ところ)へ往くものじゃねえよ」

「なに、大丈夫ってことよ、おいらにゃ、神田明神(かんだみょうじん)がついてるのだ」

「それじゃ、まあ、往ってきな。其のかわり、暗くなるまでいちゃいけねえぜ」

「魚が釣れるなら、今晩は月があるよ」

「ほんとだよ、年(とし)よりの云うことはきくものだぜ」

「ああ、それじゃ、気をつけて往ってくる」

 

 

 

 

 

この手前余分な改行あり

金太は笑い笑い老人に別れて池へ往った。池の周囲(まわり)には出たばかりの蘆(あし)の葉が午(ひる)の微風にそよいでいた。金太は最初のうちこそお妖怪(ばけ)のことを頭においていたが、鮒が後から後からと釣れるので、もう他の事は忘れてしまって一所懸命になって釣った。そして、近くの寺から響いて来る鐘に気が注(つ)いて顔をあげた。十日比(ごろ)の月魄(つきしろ)が池の西側の蘆の葉の上にあった。

金太はそこで三本やっていた釣竿をあげて、糸を巻つけ、それから水の中へ浸けてあった魚籃をあげた。魚籃には一貫匁あまりの魚がいた。

「重いや」

金太は一方の手に釣竿を持ち、一方の手に魚籃を持った。と、何処からか人声のようなものが聞えて来た。

「おい、てけ、おい、てけ」

金太はやろうとした足をとめた。

「おい、てけ、おい、てけ」

金太は忽ち、嘲(あざけり)の色を浮べた。

「なに云ってやがるんだ、ふざけやがるな、糞(くそ)でも啖(くら)えだ」

金太はさっさとあるいた。と、また、おい、てけの声が聞えて来た。

「まだ云ってやがる、なに云ってやがるのだ、こんな旨(うま)い鮒をおいてってたまるものけい、ふざけやがるな。狸(たぬき)か、狐(きつね)か、口惜(くやし)けりゃ、一本足の唐傘にでもなって出て来やがれ」

金太は気もちがわるいので足はとめなかった。と、眼の前へひょいと出て来た者があった。それは人の姿であるから一本足の唐傘ではなかった。

「何だ」

鈍い月の光に眼も鼻もないのっぺらの蒼白い顔を見せた。

「わたしだよ、金太さん」

金太はぎょっとしたが、まだ何処かに気のたしかなところがあった。金太は魚籃と釣竿を落とさないようにしっかり握って走った。後からまた聞えてくるおいてけの声。

「なに云やがるのだ」

金太はどんどん走って池の縁(へり)を離れた。来る時には気が注かなかったが、其処に一軒の茶店があった。金太はそれを見るとほっとした。金太はつかつかと入って往った。

「おい、茶を一ぱいくんねえ」

行燈(あんどん)のような微暗(うすぐら)い燈のある土室(どま)の隅から老人がひょいと顔を見せた。

「さあ、さあ、おかけなさいましよ」

金太は入口へ釣竿を立てかけて、土室の横へ往って腰をかけ、手にした魚籃を脚下(あしもと)へ置いた。老人は金太をじろりと見た。

「釣りのおかえりでございますか」

「そうだよ、其所の池へ釣に往ったが、爺さん、へんな物を見たぜ」

「へんな物と申しますと」

「お妖怪(ばけ)だよ、眼も鼻もない、のっぺらぼうだよ」

「へえェ、眼も鼻もないのっぺらぼう。それじゃ、こんなので」

老人がそう云って片手でつるりと顔を撫でた。と、其の顔は眼も鼻もないのっぺらぼうになっていた。金太は悲鳴をあげて逃げた。魚籃も釣竿も其のままにして。


コメントは受け付けていません