グリッド表示の場合の投稿の記述のコツ

グリッド表示は、ブラウザでより多くの投稿を表示できるのがメリットですが、本文でHTMLを使った記述が行われている場合は、概要文は、読みずらいものになったり、ショートコードを使っている場合などでは、何も表示されないといった事も起きます。

グリッドレイアウト表示は、本文の記述領域が制限されますので、制限されたスペースをうまく使って、ユーザーが内容を一瞬で判断できる工夫が必要になります。

グリッド表示の本文をうまく書く方法を考える

グリッド表示の投稿本文には、「抜粋文」を使う
抜粋文メタボックスに記述した文章は、Raindropsでは、グリッド内での表示だけに使用されます。HTMLをつかって見栄えよく簡潔に記述することが出来ます
カスタマイズ/概要文 「概要タイプの選択」で、「HTMLを含んだ概要」にチェックを入れてHTML交じりの概要文を表示する
htmlを維持しながら、指定した文字数分が現れるところまで概要を表示できます。HTMLが含まれるため、本文のサイズはやや多めになります
<!--more-->タグを使って記述する
このタグより前方の文章だけが、グリッド本文に表示されます
Raindropsのタグ、<!--[raindrops skip-excerpt]-->を本文に記述する
このタグを使うと、概要文が表示される部分でも、投稿本文全体を表示するようになります。
Raindrops テーマでグリッド表示を設定する

コメントは受け付けていません