Raindrops1.327 投稿日、カテゴリ表示 位置調整機能

Raindrops1.327では、投稿日や著者、カテゴリ、タグの表示位置を調整できる機能を追加しました。

最もオーソドックスなスタイルは、以下のようなレイアウトになります。

default-post-layout
(英語版での画像)

Raindropsテーマは、公開当初からこの表示を行ってきましたが、この投稿日や著者名 あるいはカテゴリ、タグを表示していた いわばブログ特有の典型的なスタイルを変更できる機能を追加しました。

Raindrops1.327では、位置調整機能を追加しましたが、それ以前に実装されている表示の変更機能も含めて、概略を見ていきたいと思います。

まず、タイトル下の posted on ブロックの表示パターンを見ていきます。

display-none-author-date

上の画像は、投稿日、著者名 を非表示としたものです。

画像には、コメントリンクが表示されていますが、この表示は投稿のコメントの許可設定に連動して表示非表示が切り替わります。

display-emoji-avatar

上の画像は、投稿日を絵文字 著者をアバター画像に切り替えたものです。

同様に、カテゴリや タグの表示の切り替えも可能です。

display-posted-in-notext

上の画像では、カテゴり名、タグ名のみを表示しています。

WEBサイトの目的によって、投稿日や著者をシンプルに表示する事等選択の幅を広げてきました。

そのうえで、更にサイトの目的に合致したレイアウトを可能にするため

display-posted-in-above

カテゴリやタグを、著者などと並べて表示する機能を追加しました

display-posted-on-below

日時 著者情報をコンテンツの後ろに表示する事も可能です。

この機能は、カスタマイズページ / 外観 / 投稿のセクションでコントロールできます。


コメントは受け付けていません