Emulsion Theme

block editor ( gutenberg ) 対応した新しいコンセプトのテーマ

Month: July 2019

Emulsion Theme

block editor ( gutenberg ) 対応した新しいコンセプトのテーマ

Month: July 2019

  • 見出しと段落

    複素数体であれば、任意のCM-タイプの A は、実際、数体である定義体(英語版)(field of definition)を持っている。自己準同型環の可能なタイプは、対合(ロサチの対合(英語版)(Rosati involution)をもつ環として既に分類されていて、CM-タイプのアーベル多様体の分類を導き出す。楕円曲線と同じような方法でCM-タイプの多様体を構成するには、Cd の中の格子 Λ から始め、アーベル多様体のリーマンの関係式(英語版)(Riemann relations)を考えに入れる必要がある。 見出し h2 CM-タイプ(CM-type)は、単位元での A の正則接空間上にある EndQ(A) の(最大)可換部分環 L の作用を記述したものである。単純な種類のスペクトル理論が適応され、L が固有ベクトルの基底を通して作用することを示すことができる。 言い換えると、L は A の正則ベクトル場の上の対角行列を通した作用を持っている。L 自体がある複数の体の積というよりも数体であるという単純な場合には、CM-タイプは L の複素埋め込み(英語版)(complex embedding)のリストである。複素共役をなすペアとして、2d 個の複素埋め込みがあり、CM-タイプは各々のペアのから一つを選択する。そのようなCM-タイプの全てが実現されることが知られている。 見出し h3 複素数体であれば、任意のCM-タイプの A は、実際、数体である定義体(英語版)(field of definition)を持っている。自己準同型環の可能なタイプは、対合(ロサチの対合(英語版)(Rosati involution)をもつ環として既に分類されていて、CM-タイプのアーベル多様体の分類を導き出す。楕円曲線と同じような方法でCM-タイプの多様体を構成するには、Cd の中の格子 Λ から始め、アーベル多様体のリーマンの関係式(英語版)(Riemann relations)を考えに入れる必要がある。 見出し h4 段落に色設定を追加CM-タイプ(CM-type)は、単位元での A の正則接空間上にある EndQ(A) の(最大)可換部分環 L の作用を記述したものである。単純な種類のスペクトル理論が適応され、L が固有ベクトルの基底を通して作用することを示すことができる。 言い換えると、L は A の正則ベクトル場の上の対角行列を通した作用を持っている。L 自体がある複数の体の積というよりも数体であるという単純な場合には、CM-タイプは L の複素埋め込み(英語版)(complex embedding)のリストである。複素共役をなすペアとして、2d 個の複素埋め込みがあり、CM-タイプは各々のペアのから一つを選択する。そのようなCM-タイプの全てが実現されることが知られている。 段落に高度な設定カスタムクラス alignleft を追加複素数体であれば、任意のCM-タイプの A は、実際、数体である定義体(英語版)(field of definition)を持っている。自己準同型環の可能なタイプは、対合(ロサチの対合(英語版)(Rosati involution)をもつ環として既に分類されていて、CM-タイプのアーベル多様体の分類を導き出す。楕円曲線と同じような方法でCM-タイプの多様体を構成するには、Cd の中の格子 Λ から始め、アーベル多様体のリーマンの関係式(英語版)(Riemann relations)を考えに入れる必要がある。 […]

  • Pre release 0.9.0

    Overview emulsion theme The emulsion theme is a modular theme that allows you to remove the main blocks that make up the web page, such as the header, sidebar, and footer, each post and page, reset the style of the theme, or delete the entire style sheet. The page builder plug-in and the block editor implement the style for the front end, so in such an environment, the style of the theme […]

  • プレリリース 0.9.0

    emulsion テーマとは emulsion テーマは、ヘッダー、サイドバー、フッターといったWEBページを構成する主要なブロックを、ページ毎に取り外したり、テーマのスタイルをリセット、またはスタイルシート全体を削除することができる モジュール型のテーマです。 ページビルダープラグインや、ブロックエディタは、フロントエンド用のスタイルを実装しているため、このような環境下では、テーマのスタイルそのものが、使用されないCSSの塊と化し、パフォーマンスへの悪影響を防ぐことができます。 過渡期である現在、従来型のショートコードで構成されたギャラリー、ブロックエディタによるギャラリーやウィジェットなど、同一機能を持つ複数のHTML構造の両方をテーマはサポートする必要があります。 emulsionテーマは、ブロックエディタが開拓する未来のWEB Publishing と現在の複雑さを可能な限りシンプルに結び付けることを念頭に設計しました。 ブロックエディタは、まだ完成品ではありません。また、新しいフェーズも始まっています。ブロックエディタの変化がもたらす機能性に対応する必要性もありますが、テーマレビューチームの審査を受けるために このテーマを公開します。 この小さなテーマの機能性が、WordPressでサイトを運営する多くに人に受け入れられることを、心より祈っています。 テーマの特徴 カスタマイザーでの設定は、CSS variablesを介して、フロントエンド、TinyMCE、ブロックエディタに反映します。また、PHP SCSSコンパイラー( wp-scss plugin )を使えば、特別開発環境を作らなくても、静的CSSを作成するができます。 wp-scssプラグインを使用する場合は、テーマのインストール後に再アクティベートしてください。SCSSディレクトリと、CSSディレクトリの設定が自動的に行われます。 Note:このプラグインを使用すると、コンパイルに時間がかかります。また、少し古いプラグインですが、動作します。 色設定が、従来のテーマに比べて簡単に行うことができます。一般的にはブロックの背景色を変更と、テキストの色の変更は別々の機能になりますが、このテーマの場合は、背景色の明暗から、自動的にテキスト色を設定します。もちろん必要があれば、カスタマイズが可能です。 ダークな背景を選択した場合、プラグインのCSSとコンフリクトして可読性が落ちることがよくありますが、完全ではありませんが、コンフリクトを回避するための工夫をしています。

  • Hello world!

    サイト the 3へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Copyright © 2022 Site proudly powered by WordPress